ヒミツのブログは【JUGEM PLUS】で

2016年03月16日

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

夢実現応援家(メンタルコーチ)の藤由達蔵さんの著書です。

自分の人生をコントロールができている!と思っている方は別として、
気分が落ちたりして人生の迷子になっている方も多いと思います。
(私がそうですw)
そんな人に向けの本です。

いろんなビジネス本で、モチベーションうんぬんといわれていますが、
この本ではモチベーションに関しては特段重きをおいていません。
むしろ「気分」をよくすることに重きを置いて、
すぐやるためのブレーキを踏む心のブレーキを軽くしています。

そして、心のブレーキを軽くすることで10秒でいろいろな行動や判断を
できるための方法を提案しています。

アマゾンレビューでも人気が高く、文句なしのいい本です!
本屋さんに平積みされているのでぜひ見てみてください^^

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

posted by しのび at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(お勧め) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

都立水商

以前にドラマになった「都立水商」の原作マンガです。
水商売を専門に勉強する高校が舞台です。

ホスト課とか風俗課とかホステス課とかゲイバー課とかがあり、それぞれまじめにテクニックを磨きます。
馬鹿馬鹿しくもエッチでまじめな面もあるマンガです。

ただいまシーモアでは、3/29まで5巻まで無料でよめます。
(2500円分無料)
私は、会員なので無料でよめますが、会員でない方はこちらから登録してみてください。

スマフォオンリー⇒マンガ好き必見★ 話題のコミックがスマホで読める♪
無料立読みアリ!


万が一無料登録ができなかったら一番やすいのは300円なので、読み終わったらすぐに
解約でもよいのでは(わたしは月に3000円位払っている人ですw)

水商、エロ面白いのでぜひ読んでみてください!(*`艸´)

posted by しのび at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(漫画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

私がモテてどうすんだ

ぢゅん子さんは、BL出身の漫画家さんです。
BL界でもそこそこ人気がありましたが、少女漫画界でブレイクしました。
この漫画、BLの世界がわからなくても面白いですが、わかるとより楽しめます。

マンガの主人公は花依(かえ)ちゃんという高校二年生の腐女子(ふじょし)
腐女子というのは、美形男子同志を脳内でカップリングして楽しむ女子を指します。
おデブで腐女子な花依ちゃんは、クラスの男子を脳内でカップリングする生活を
楽しんでいましたが、ある日、大好きなアニメキャラがアニメ内で死亡します。
そのことを食事もせずにひきこもる花依ちゃん。


そして、なんと一週間後、彼女は。。。。


といったストーリーで1刊目がはじまるのですが、この一週間後から激モテが始まります。
逆ハーレム状態になってしまうのですが、腐女子ゆえ、その状況に慣れません。
そこで色々な事件が起きたりドタバタがあったりするのがとても笑えます。

タイトルは、男子に萌えを感じているのに、自分がモテてどうするんだ(゚Д゚;)?
という花依ちゃんの戸惑いを表しています。
コミックスも売れていますし、ドラマCD化もしています。
アニメ化も決まったようで、順調に人気がでています。
まあ、中身はちょっとスパイスが効いた正統派の学園マンガでなので当然といえば当然かもしれません。


いまならRenta!で2巻まで無料で読めます。



とにかく、面白いです!( *´艸`)


↓紙で読みたい派はこちらがよいかも。
私がモテてどうすんだ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)
posted by しのび at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル仮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

終わらない不幸についての話

2015年の9月に発売された海王社のコミックスです。

作者の緒川知世さんは、女性向けの雑誌でボーイズラブ(BL)のマンガをおもに書いています。
BL作家としてデビューして3、4年位かと思いますが、すでに7冊のコミックスを出しています。
いまは、「カーストヘブン」という学園物の連載も抱えています。

少し病んでいる部分のストーリーも書きますが、絵もうまいですし、コマの切り方や
繊細な心の動きを表現したり、セリフ回しも無駄がなくて上手です。

なにより、登場人物がカッコいい男性が多く、絵だけでも魅力を感じさせます。

私は、もともと「誤算のハート」という、下半身にだらしのない美形な高校生・
三城(みき)君と、優しくて秀才で男女問わず人気の烏童(うどう)君のカップルの話が好きで、
緒川さんに注目していました。

で、「誤算のハート」でチョイ役で出てきた烏童(うどう)君のおにいちゃんが、あまりにもろくでなし
なのが気になっていました。※誤算のハートではおにいちゃんは、三城くんを拉致する役でした。

この「終わらない不幸についての話」では、お兄ちゃんの隆之さんの恋愛模様が描かれています。

簡単なあらすじとしては、お兄ちゃんの隆之さんは、中学のバスケ部時代の同級生の清竹くんが好きでした。二人は仲良しでしたが、お兄ちゃんは清竹くんより20cmも背が高いし、清竹くんは当然ですがカワイイ女子が好きです。
清竹くんは、バスケ部のマネージャーと付き合いはじめますが、お兄ちゃんは二人がうまくいくのを見たくなくて、マネージャーを奪います。
その後二人は不仲になり、おにいちゃんはバスケをやめ、進学する高校を市外にすることで二人は絶縁します。おにいちゃんはK大、清竹君はC大にすすむことになるのですが、大学同士が交流があり、8年後、合コンで二人は再開します。。。

この再会から後が、この漫画でのストーリーのメインです。

このコンパの後にK大の女子とうまくいきそうな清竹君ですが、おにいちゃんは面白くない。
でも、望みなんてないのに密かな期待をしたり、ちいさな邪魔をしたりします。
下半身にだらしのないおにいちゃんですが、清竹くんにだけは乙女になってしまうところカワイイです。

自分で終わらせることができない恋を、清竹くんに終わらせてほしい、罵倒してほしいと願いずるいお兄ちゃん。でも、憎めないんです、このろくでなしのおにいちゃん。


終わる直前まで事件があり、最後はどうなるかと思いましたが、ハッピーエンドなのが嬉しかったです。
お兄ちゃんが、初めて幸せになって涙目になり、他人の幸せを願えるようになったシーンが印象的でした。

噂ではこの作家さんは、一般誌でも別名義で少女漫画を描いています。
絵柄は確かに似ていますが、私はあまり好きになれるタイプのマンガではありませんでした。
それに、コミックスも数冊だしていますが、ビッグヒットはでていませんでした。
でも、BL界ではビッグヒットがでるのでは?とおもわせるような人気度はあります。

今後も、要チェックな漫画家さんです♪
私は、他の大御所と並んで好きな作家さんの一人です。

終わらない不幸についての話 (GUSH COMICS)




posted by しのび at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル仮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

ポムポムプリン

【ポムポムプリン/女子旅プレス】今年誕生20周年を迎え、「2015年サンリオキャラクター大賞」で1位に輝いた人気キャラクター「ポムポムプリン」。アニバーサリーキャンペーンの一環として、7日より東京メトロ新宿駅構内をジャックするイベント「だきつきプリン」が開催中。身長約130cmの巨大なポムポムプリンが11種類のポーズで登場し、世界観をイメージした、癒しと安らぎの空間を演出している。
⇒女子旅プレスより引用記事


新宿に行くと、ポムポムプリンがいるようですね。
時間を作っていこうかなという気になります♪

posted by しのび at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル仮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ヒミツのブログは【JUGEM PLUS】で