ヒミツのブログは【JUGEM PLUS】で

2014年12月24日

なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか

現役の経営者で医者で経営コンサルタントの筆者が実践してる方法です。

人は疲れるものだと割り切り、そのうえでコントロールをしていくことを提唱しています。

疲れの度合いによって、摂取するものや方法を変えたり、1日を三分割して、疲れをためない。
1週間を三分割して、疲れをためすぎない方法を具体的に提示しています。

ご自身にもあてはまることがあるとおもいますが、意識して行うことが重要だと感じました。

疲れのコントロールを考えているかたには最適な本だといえるでしょう。


なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか


posted by しのび at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(お勧め) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ヒミツのブログは【JUGEM PLUS】で