ヒミツのブログは【JUGEM PLUS】で

2015年10月14日

唇に蝶の骨〜バタフライ・ルージュ〜

コミカライズされているBL作品です。

漫画は冬乃郁也さん、小説は崎谷はるひさんです。
はっきりいって超エロイ小説です。

漫画はそれほどでもないですが、割りに面白かったので原作をよみましたが、BLじゃなく、男女のやつだったらちょっと読むのがつらいかもな内容です。

主人公1(攻め)は大学在学中からホストの仕事を掛け持ちし、卒業後2年でホストも卒業し、経営になりましたが、蝶が燐粉を振りまくがごとく、不遜なオーラ全開の柴主将嗣(源氏名は王将)。
主人公2(受け)は通販会社のシステム担当の地味で細身の柳井千晶。

ストーリーは、大学時代の飲み会のあと、千晶が襲われて、その後も別れられずに12年同棲している男性二人のお話です。
王将はホスト時代は客と寝るのも仕事のうちとばかり、だだっぴろい自宅マンションに度々、客を連れ込みます。
千晶がそれにショックを受けて別れるというと、前言を撤回するまで骨抜きになるエッチをします。

エッチシーンの描写がまた細かいんですが、エッチでごまかされてどんどん心が離れていく二人。

12年たって、千秋の会社の本社移転に伴い、この関係も本当に終わるとおもいきや。。。。。

監禁、ごうかん、調教、執着愛など、女性と男性の恋愛ものなら、悲惨な話ですが、男性だとよめてしまうのは、男性同士だと、どこかその関係も対等感が感じられるからかもしれません。
あと、監禁しても最悪のシナリオにまで発展しないのも安心して読める理由かとおもいます。

結局、ハッピーエンドな結末なのもBLの多くのパターンでもあります。

BLに嫌悪感がなく、エロイ小説を安心して読みたい方にはおすすめします〜
くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)





posted by しのび at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

メガバンク管理職だった僕が気づいたお金と宇宙の不思議な法則

元東海銀行で管理職をしていた畠山晃さんのダイヤモンド社からの著者です。

畠山さんは現在名古屋でヒーリングサロンを経営していますが、刺激的だった銀行員時代をへて、自分が精神世界へシフトしていった生き様やみえている世界を、ご自分なりのコトバで表現しています。

人に認められたいとか、お金があれば幸せになれるのでは?と考えている方には改めて、しあわせとか成功の定義を考えさせられる内容かもしれません。

けして押し付けがましい内容ではありませんがわたしは、読む人の心を打つよい本だとおもいました。

興味を感じた方は一読してみてはいかがでしょうか。

メガバンク管理職だった僕が気づいた お金と宇宙の不思議な法則

posted by しのび at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(お勧め) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エロい小説が好き

一応性別は日本の女子なので、あまりこういうことを書かないほうが良い気もしますが、エロい小説が好きです(告白!)

でも、なんでも良い訳ではないのです!

愛がない小説はクソなので、実は相思相愛なんだけど、勘違いしたり、ちょっとすねてる系のカップルが好物です。

また、エッチシーン以外も情景描写や、キャラ設定がきちんとなされている小説が大変好きです。

BLですと木原音瀬(このはらなりせ)さんとか崎谷はるひさんが好きですが、一般だと村上春樹さんとかが好物ですね。

ああ、とうとう書いてしまいましたwww
タグ:R25
posted by しのび at 04:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

本のブログって

長文がいいのか短文がいいのか悩ましいところです。

長い文章のほうが読み応えはありますが、私はストーリーを知りたいときはネタばれと書いたものをさがすので本の感想や紹介ブログとは違うカテゴリだとおもっています。

最近は長い文章を書こうともおもっていますが、このブログは短文できてしまっているので、いまから長文は合わないような気がしています。

別のブログがワードプレスを立ち上げて、本以外にも趣味まるだしのサイトを作ろうかとも思っています。

そちらも形になったらお知らせしますね。


posted by しのび at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

地獄めぐり完全版

ストーリーは、市役所に勤めている20代の男性・瀧群が、(市役所の秘密の仕事の一環として)地獄の閻魔大王の仕事の補佐をすることになることから始まります。

人当たりはいいのにどこか人をよせつけないところがある瀧群と、感情がない閻魔。
実は閻魔は400年前は人間だったのです。。。

人間から鬼になることを選んだ閻魔(人間の時の名前はひさ)と瀧群の過去が交錯するとき。。。

コミックスですし、カテゴリーとしてはBLにはいります。
けれど、人間の醜さと温かさを描いたよい作品でもあります。

厚い本ですが、いきおいであっという間に読めます。
興味のあるかたはご一読を♪⇒地獄めぐり 完全版 (バーズコミックス リンクスコレクション)
posted by しのび at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(お勧め) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ヒミツのブログは【JUGEM PLUS】で