ヒミツのブログは【JUGEM PLUS】で

2016年09月05日

腐男子高校生活

pixvでもアップされていた4コマ漫画です。

腐男子(ボーイズラブが好きな高校生男子)が中心になった学園ドラマです。

話は、ボーイズラブが好きな方が読むと、あるあるなお話がてんこ盛りで笑えます。

コミックスは2巻だけなのですが、なぜかもうアニメ化されているという人気のマンガです。

個人的な感想だと、「月間少女野崎くん」と雰囲気が似ている気がします。

カルーく笑える、楽しいマンガです♪

腐男子高校生活 (ZERO-SUMコミックス) -
posted by しのび at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル仮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

NIKKEIプラス1

日本経済新聞の土曜日の朝刊にオマケ新聞として入っている新聞が「NIKKEI+1」です。

今に人気のキーワードをなんでもランキングとしてランキング形式で紹介したり、家電を買うときのポイントや売れ筋を紹介しているときもあります。

無料ですが、情報量はあなどれませんよ。

posted by しのび at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル仮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

"あさ"が100倍楽しくなる「九転十起」広岡浅子の生涯

“あさ"が100倍楽しくなる 「九転十起」広岡浅子の生涯 -
“あさ"が100倍楽しくなる 「九転十起」広岡浅子の生涯 -

NHKの平成27年後期連続ドラマ小説(通称朝ドラ)の「あさが来た」のモデルとなった広岡浅子さんの生涯が写真とともにまとめられた本です。

「あさが来た」のプロデューサーのインタビューや、浅子が嫁いだ加賀屋の歴史。
浅子の生家の三井越後屋の歴史、原作者のインタビューなど盛りだくさんの内容です。

特に、浅子が関係した建物や人物の写真や、起こした事業や学校のことも記されており、近代日本の基礎になる歴史を垣間見ることができます。

巻末には大阪の浅子にちなんだ観光・グルメガイドもついており、ミーハーとしては回りたくなる内容です。

“あさ"が100倍楽しくなる 「九転十起」広岡浅子の生涯 -
posted by しのび at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(お勧め) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

ドリフターズ5

ドリフターズの最新刊の5巻が発売されましたね!

待ってました、長かった(*_*)4巻から5巻までの発売の間がw

Amazonで注文しましたが、DVD付きは新品は売切れてました。
ヤフオクでdvdは探すとして、通常版は買いました。

午前中に決済すると、場所によっては当日届くので超便利です♪
ドリフターズ 5巻
posted by しのび at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル仮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

ドン・キホーテ

ドン・キホーテといえば、有名なところでは、古典の「ドン・キホーテ」や激安ショップのドンキーホーテ(ちょっとスペルが違います)がありますね。

でも、いま話題になっているのは、テリー・ギリアム監督がカンヌ国際映画祭で準備中の新作「ドン・キホーテを殺した男」です。



この作品に、オルガ・キュリレンコが出演することを発表したそうです。

※「オルガ・キュリレンコ」まとめ
ウクライナ南部出身の36歳の女優です。13歳の時に母親と旅行でロシア・モスクワを訪れた時にスカウトされて、モデルとして活動を始めています。16歳で仏パリに移り、数々のファッション雑誌で表紙を飾ります。
その後女優に転向し、スクリーンデビューします。
「パリ、ジュテーム」や「ヒットマン」「007」シリーズ第22弾「慰めの報酬」でボンドガールに抜てきされたり、トム・クルーズ主演のSF大作「オブリビオン(原題)」ではヒロイン役を務めています。


他にも、アダム・ドライバー、モンティ・パイソンで有名なマイケル・ペイリンが出演することが決定しているそうです。



ストーリーは、傲慢で肉欲にまみれたパブリシストのトビー(ドライバー)が、ドン・キホーテ(ペイリン)を下敷きにした学生映画を撮影した村を再訪し、自分の映画が村に悲惨な影響をもたらしていたことを知るというもので、ギリアム監督とトニー・グリゾーニが共同で脚本を執筆したそうです。
結構悲惨なストーリーですね。

この作品は、1998年から2014年までの間にギリアム監督が映画化を試みて7度挫折している曰く付きの作品ですが、いずれも実現されていません。
今年4月に仏の製作会社Alfama Filmsが製作を務めることが決定し、10月の撮影開始に向け現在、準備が進められています。


ギリアム監督は「これまでいろんなバージョンのストーリーが私の頭の中にあった。
キャストが変わるたびにそれも変わっていった」と明かし、「ついに完璧なキャストを得た。
『スター・ウォーズ』を神に感謝するよ」とのコメントをしているそうです。

アダム・ドライバーは「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のカイロ・レン役で一躍有名になったので、その人気にあやかりたいところなのでしょうね。

8度目の正直、当たると良いですね♪
そして、グロでなければ映画好きの私としては見てみたいなとも思いました。



posted by しのび at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル仮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ヒミツのブログは【JUGEM PLUS】で